Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直島 観光

直島の観光目的は釣りなどが多いと思いますし今の季節は釣りに適している季節なのでこの機会に一度訪れてみてはいかがでしょうか。
場所は岡山県と香川県の間にある島で四国よりは本州に近い位置にあります。

交通のアクセスも電車と船を使っても良いですし車を使っても船には乗れるので特に問題は無いので気軽に遊びに行ける観光地となっています。

見所ですがまず有名な場所としては007の小説版に実名で直島が登場した事を記念して建てられた007赤い刺青の男記念館というところです。

次にエコアイランドなおしまプランという廃棄物の処理場なのですが国内でも問題になっている問題を真正面から向き合っているというのはすばらしい事だと思います。
これはエコツアーというものに申し込めば見学が出来るので是非見学してみて下さい。

これ以外にも道の駅ではなく海の駅でこれはフェリー乗り場に建設されているので土産などはここで購入されると便利だと思います。
他にも沢山あり地中美術館やベネッセアートサイト直島といった芸術に触れられる施設も多数あるので家族で行くのならばお父さんと息子が直島釣り公園で釣りをしている間にお母さんは娘と芸術に触れて楽しむという事も出来るので間違いなく満足の行く観光地だと思うので是非一度直島への観光旅行など計画してみて下さい。



直島 ツアー

アートの島として有名な直島へのツアーが最近話題となっているようです。
見どころも満載なので芸術の世界にあまり詳しくない方でも楽しめるとあって幅広い世代から支持を得ているのです。

ツアーには旅行会社を利用する方法と直島までは自分の足で行って現地の観光ツアーを利用する方法があります。

まず旅行会社のツアーですが有名なところでJTBがあるのでそちらを紹介します。JTBが用意しているのは岡山や香川方面へのフリープランです。
フリープランでは航空機やJRの往復チケットと宿泊がセットになっているのでおトクに行くことが出来ます。
直島は岡山の宇野港か香川の高松港からフェリーか小型客船に乗ってしか行くことが出来ないのでそこまでのアクセスが必要になります。高松空港から高松港まではタクシーで30分程度ですし岡山駅から宇野港もそれほど時間はかかりません。
旅行会社のプランは日帰りで直島を楽しむ方にはお勧めですが直島で宿泊したいと考えている方には直に行って現地のツアーを申し込む方がお勧め出来ます。

現地のツアーは本村地区のみですが観光ボランティアの方々が直島の見どころを回って歴史や文化などを紹介してくれます。
ガイド料も1人500円程度と非常にリーズナブルなので是非利用してみて下さい。





直島 ベネッセハウス




直島のベネッセハウスは直島を訪れた方のほとんどがここを目的に来ているのではないかと思われるほどの人気のスポットです。

ベネッセが経営している美術館とホテルの機能を融合させた施設で現代アートの島と呼ばれている直島に相応しい施設になっています。

瀬戸内海を臨む高台に建っているベネッセハウスは安藤忠雄氏の設計によって1992年に完成しました。ベネッセハウスでしか成立しないような作品の数々が永久展示されており、宿泊すればゆったりと向き合うことが出来ます。
宿泊客専用のオーバルやパーク、ビーチという2つの宿泊棟も安藤氏が設計したもので、更には一般の方でも利用出来るレストランやスパなんかも備えられています。

ベネッセハウスの中でも最高級に位置しているのがオーバルで、ミュージアム棟からモノレールで移動した丘の上に建っています。全部で6室ありますがそのうちの2室がスイートルームで、30平米のゲストルームからは瀬戸内海を一望することも出来ます。パークとビーチはそれぞれの名前に由来しているように個々の部屋からは芝生や海を臨むことが出来ます。

利用料金もそれほど高額なものではなく、ハイシーズンのスイートルームでも二人で7万円前後なので思い出の旅行にするならおトクと言えるのではないでしょうか?

直島のベネッセハウスでは通常の観光以外に家プロジェクトというものが進行されており、現在までに8件もの古民家が芸術家たちによって改造され美しいアート作品に変化を遂げています。

直島瀬戸内アートの楽園

Appendix

プロフィール

直島大好き

Author:直島大好き
FC2ブログへようこそ!

スポンサード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。